スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
かまちが好きです
1977年8月10日

山田かまちという17歳の少年が自宅の2階でエレキギターに感電しして亡くなった。天才的画家、天才的詩人であったかまちは、沢山の言葉と絵をのこしていった。かまちの死後、母親がかまちの部屋のベッドの下から沢山のそれをみつけた。

「1日が24時間じゃたりないよ」

「生きることを生きろ」

など、有名な言葉を残す。
 comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>