スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
いちばんおおきい音でギターを弾いて
いちばんおおきな声でうたいたい
つねに音を感じていたい

本当は音楽がやりたくてたまらないのにごまかしている。
そうゆう環境がないからなのか、自分に自信がないからなのか、
どっちも言えるの。
今のあたしはくだらなすぎる。吐き気をもよおすほど毎日がつまらなくて、しあわせだなあとか楽しいなあ、なんて思うこと最近まるでない。あったとしても何か余計な感情も渦巻いていて心の底からしあわせだなんて感じない。恋も遊びも勉教もどれも大切で、今やらなきゃいけないことは何かなんてわかってるけど、やっぱり音楽がやりたい。
あのときの快感が病み付きになってる。
音楽をやらなくなってあたし変わった。ママやせんせいにもゆわれる。耀きが薄れていくって。耀きなんて、そんなもの最初からあたしの中にあったかなんて知らないけどね。でもあのころは沢山夢見ていたな。

オーストラリアに行くメンバーの文章読んだら皆ほんとにプロみたいで、すごかった。皆がんばってここまできたのにどうしてあたしはがんばれなかったのかな。自分の好きなことでさえも最後までやり遂げることができなかったの。ついていけなかったんじゃなくてついていこうとしなかったのは自分の気持ちだった。
ああ、どんなに後悔してもう遅いのね。
どうすればいいの。
あたまのなかの奥のほう comments(0) trackbacks(0)
すべりだい
このところ悔やんでばかり居る
口には决して出せないけど
今のあたしだったらあなたと
退らずに済む様な気がする
許されるなら本当はせめて
すぐにでも泣きわめきたいけど
こだわっていると思われないように
右目で滑り台を見送って
記憶が薄れるのを待っている




こないだのあたしみたいで今のあたしみたいでもある。
これを聴くと欠けていた気持ちの隙間をほんの少し埋めることができるの。
あたまのなかの奥のほう comments(0) trackbacks(0)
<< | 2/2 |